未知道 (フォトエッセイ『ふゆのね』写真紹介)

ふゆのね 一閃の章より
この先には何があるのだろう。
絶景だろうか。次の峰への急登だろうか。
空を仰いで 汗を拭って
また一歩 また一歩。
(フォトエッセイ『ふゆのね』より)


※この写真を撮った後、自分はスキー無し(ツボ足)でこの坂を直登。当時は色んな意味で若かった(^-^;



『ふゆのね』の広告が読売新聞に載りました。

ふゆのね 読売

ふゆのね 一閃の章より

いつも沢山の応援をありがとうございます。本日の読売新聞朝刊に『ふゆのね』の広告が掲載されました。
ちょうど一年前に北海道の長期取材へ行き、そこで出会った情景が今回の本作りの原動力となったので感慨深い思いです。

冬というとモノトーンのイメージが強いですが、一瞬の光と寒さとが合わさってできる情景は時に想像を絶する輝きを放ち、10年以上取材を続けていても常に新しい発見があります。冬に特化した写真集というのは意外に少なく、冬の多様性・躍動性を伝えていく使命を微力ながら本書が担えたら最上の喜びです。

今シーズンは記録的な寒気で、凍傷対策の軟膏を携帯して取材に臨んでいます。困難も多いですが、あまり見た事のない大自然の造形も記録に残せているので、それらの写真もまた紹介していけたらと思います。

再びの寒波で大雪の地域も増え、気温差も大きくなっていますので、どうか皆様もご自愛ください。温かいご支援に心より感謝を申し上げます。




『ふゆのね』の書評が掲載になりました。

ふゆのね書評


雪上り10

いつも沢山の応援をありがとうございます。この度、自著『ふゆのね』の書評が出版ニュース1月上・中旬号に掲載になりました。写真付きで大きくご紹介していただき、とても光栄な思いです。

大寒も近づいて寒さも戻ってくるとの事なので、今いちど雪靴を磨いて気持ちを引き締めて取材に臨もうと思います。
インフルエンザも本格流行の時期ですので、どうか皆様もご自愛ください。





最東の地にて (フォトエッセイ「ふゆのね」写真紹介)

最東の地にて
うわっ びっくりした
何だこの木は?

(ふゆのね 最果ての章より)







風景・自然ランキング
いつも沢山の応援をありがとうございます。

今を生きる(フォトエッセイ「ふゆのね」作品紹介)

ひたむきに
東の空
少し明るくなってきた

もう少しの辛抱
風邪引くなよ!

(フォトエッセイ『ふゆのね』風雪の章より)









風景・自然ランキング
いつも沢山の応援をありがとうございます。
プロフィール

フォトグラファー紘

名前:フォトグラファー紘
フォトエッセイストをしている紘(こう)と申します。雪国の冬の自然、東京の街の風景を主に撮影しています。一昨年の11月に、10年間の冬の取材記録をまとめた『ふゆぼん』を創英社より出版しました。

一瞬が織り成す情景をブログでも伝えていけたらと思いますので、これから宜しくお願い致します。

【主な経歴】
・エッセイ作品『ポケット』で随筆春秋年度賞(平成26年度)

・フォト作品『まっさらな朝』で北アルプス山麓~私の一枚~フォトコンテスト小谷村長賞を受賞(2015年度)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
カテゴリ
検索フォーム
冬の写真集
冬のフォトエッセイ第2段『ふゆのね』が創英社より発売になりました。今回は「冬の根源」をテーマに、厳冬の最果て探訪や吹雪の先に広がる未知なる情景を119点の写真とショートエッセイで伝えています。 冬の深遠を感じていただけたら嬉しいです。
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR