FC2ブログ

詠めずの寒

DSC04542 (1) m (1) m
雲の先の銀嶺描いて
詩を詠もうとするも
凍てつきに負け
数秒でリタイヤ

不甲斐ない有り様だけど
その溜息もまた
心峯の素







風景・自然ランキング
いつも沢山の応援をありがとうございます。

富士眉♪

DSC_1701 (2) m (3)
威厳に哀愁
入り交じる機微♪






風景・自然ランキング
いつも沢山の応援をありがとうございます。

氷珊瑚 (フォトエッセイ『ふゆのね』表紙紹介)

表紙候補 色薄め1 m
ふゆのね m
夢か現か竜宮か
深山の珊瑚に誘われ
時空を超えるシーラカンスさ


※厳冬2月の美幌峠。マイナス10度の微妙な気温にケアラシ出現は諦めていたけど、夜明けから1時間、凪の湖面に絹糸のような一薄の霧が。
僅か数分の瞬寒美。崖に輝く氷花の姿は海底珊瑚の幽興でした。








風景・自然ランキング
いつも沢山の応援をありがとうございます。

幻惑

CIMG4329 kk
近い訳ないのに
目の前に感じた

白亜の誘惑
頭を振って 踵を返した








風景・自然ランキング
いつも沢山の応援をありがとうございます。

寒釣夜

冬の海
氷風止みて
雲の晴れ間に海峡路

待ちわびた凪の宵
海の男は沖へと向かう








風景・自然ランキング
いつも沢山の応援をありがとうございます。

青鉄!

青鉄!
快走 颯爽
大地のカモメ♪







風景・自然ランキング
いつも沢山の応援をありがとうございます。

新作フォトエッセイ『ふゆのね』出版のお知らせ

DSC_2140 m k
いつも沢山の応援をありがとうございます。この度、冬のフォトエッセイ第2段となる【ふゆのね】を創英社より出版しました。

2年前に初の自著「ふゆぼん」を出版して予想以上の反響をいただき、「日本の冬をもっともっと伝えたい。雪国の情景を知ってほしい」と取材に対する意識も更に上がっていきました。
冬の多様性を幅広いジャンルで表現した前作に続き、今作では「より深い冬の根源」に迫るべく、最東端の最果て広野や風雪下での取材に取り組み、そこで出会った100枚を超える未知なる情景を当時の心情描写と共に載せています。

言葉を失うような迫真の風景の連続に、驚嘆と高揚に包まれながら全身全霊で撮影に臨みました。冬という季節の深遠・生きとし生ける厳冬大地の息吹を感じていただけたらこの上ない喜びです。
発売日を迎えたばかりですが、三省堂各店やアマゾン等で既に販売が始まりました。品薄になってしまうタイミングもあるかと思いますが、出版社の方には在庫が十分ありますので気軽にご注文いただけたら嬉しいです。

出版作業が難航してタフな道のりとなりましたが、温かく見守って下さった方々に心から感謝を申し上げます。ありがとうございます。
DSC_2125 m (2) m






風景・自然ランキング
いつも沢山の応援をありがとうございます。

心眼

DSC_0945 (4) n
止めどない沫雪の中
霞む空の一点に語り続ける

彼らだけに見えてる風景
遥かな遡源に想いを馳せた









風景・自然ランキング
いつも沢山の応援をありがとうございます。

彩蝶

彩蝶
ひらりひらりと
瞬きて

天雅の羽衣
冬奏美







風景・自然ランキング
いつも沢山の応援をありがとうございます。

活なる冬

DSC08954 (5)
トリミングを重ねて
画質がいまいちだけど

伝えたい
その躍動♪







風景・自然ランキング
いつも沢山の応援をありがとうございます。
プロフィール

フォトグラファー紘

名前:フォトグラファー紘
フォトエッセイストをしている紘(こう)と申します。雪国の冬の自然、東京の街の風景を主に撮影しています。一昨年の11月に、10年間の冬の取材記録をまとめた『ふゆぼん』を創英社より出版しました。

一瞬が織り成す情景をブログでも伝えていけたらと思いますので、これから宜しくお願い致します。

【主な経歴】
・エッセイ作品『ポケット』で随筆春秋年度賞(平成26年度)

・フォト作品『まっさらな朝』で北アルプス山麓~私の一枚~フォトコンテスト小谷村長賞を受賞(2015年度)

・心象フォトエッセイ『「想」東京 』 2019年10月発売予定

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
カテゴリ
検索フォーム
心象フォトエッセイ
「誰の心にも在る都会。疲れた時に開きたい、東京こころフォト」 第3段のフォトエッセイは都会の心象風景がテーマになりました。光と影の瞬なる機微、その先に拡がる七彩の物語を堪能していただけたら嬉しいです。
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR