FC2ブログ

雪中一心

雪中一心
何より長い雪中の数秒

只々 専心
君の勇翔






寒動

寒動
どんなに厳しい季節でも、そこで働く人がいる。
視界は効かなくても鼓動がある。時は動いてる。







雪中の出逢い

雪後の出逢い

「寒くないか?
餌は足りてるか?」
通り過ぎても
ついつい振り返ってしまう

喜びとせつなさと
一期一会に
ありがとう



清しき暮色

清がしき夕
派手さはなくても
忘れられない情景がある





『ふゆのね』の書評が掲載になりました。

ふゆのね書評


雪上り10

いつも沢山の応援をありがとうございます。この度、自著『ふゆのね』の書評が出版ニュース1月上・中旬号に掲載になりました。写真付きで大きくご紹介していただき、とても光栄な思いです。

大寒も近づいて寒さも戻ってくるとの事なので、今いちど雪靴を磨いて気持ちを引き締めて取材に臨もうと思います。
インフルエンザも本格流行の時期ですので、どうか皆様もご自愛ください。





魚沼優景

魚沼優景
遠目から眺めると
しゃもじのよう

さすが米処
大きいな






山越えランナー

那須カーブ
日光 那須に筑波山
関東名山街道を越え

目指すは雪峰
板谷の峠!




ありゃ~↓

ありゃ~!
うっかり寝過ごしたら
霧氷が~……↓

こんな時はひたすら呪文
「解けかけも風流」
「解けかけも風流(>_<)」





友情ブルー

優しき共演
うっすら緑の
和み空

慣れない冬の晴れ舞台
優しく支える青がいた

※正月が過ぎて本格的な取材期間となります為、ブログの更新やご訪問が少しゆっくりになるかもしれません。ご了承ください。いつも沢山の応援をありがとうございます。
  



途(みち)

途(みち)
さすらう寒風
惑う雲
歩けば歩くほど分からなくなる
しばし息飲み 立ち尽くす

十余年目の冬取材
気付けばいつもここにいる
夢中で写真を撮っている

何処へ向かうんだろう
何を目指しているんだろう
心の根っこに問いかけながら
僕は冬を伝えてく

(フォトエッセイ『ふゆのね』序文より)








プロフィール

フォトグラファー紘

名前:フォトグラファー紘
フォトエッセイストをしている紘(こう)と申します。雪国の冬の自然、東京の街の風景を主に撮影しています。一昨年の11月に、10年間の冬の取材記録をまとめた『ふゆぼん』を創英社より出版しました。

一瞬が織り成す情景をブログでも伝えていけたらと思いますので、これから宜しくお願い致します。

【主な経歴】
・エッセイ作品『ポケット』で随筆春秋年度賞(平成26年度)

・フォト作品『まっさらな朝』で北アルプス山麓~私の一枚~フォトコンテスト小谷村長賞を受賞(2015年度)

・心象フォトエッセイ『「想」東京 』 2019年10月発売予定

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
カテゴリ
検索フォーム
心象フォトエッセイ
「誰の心にも在る都会。疲れた時に開きたい、東京こころフォト」 第3段のフォトエッセイは都会の心象風景がテーマになりました。光と影の瞬なる機微、その先に拡がる七彩の物語を堪能していただけたら嬉しいです。
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR