使者

使者
夕暮れが近づくと
静かに森へと返ってゆく
空気がピリッと引き締まる

「もうお帰りなさい」
木々の聖霊が
微風となって語りかける

時空がふっと変わる瞬間
理屈を超えた深秘がそこにはある







写真(風景・自然) ブログランキングへ
いつも沢山の応援をありがとうございます!

コメントの投稿

非公開コメント

No title

エゾシカでしょうか。
夕暮れと共にすーっと森の奥へ消えていきますね。
人間とは違う時空へ帰っていくのでしょうね。

のばらさんへ

コメントをありがとうございます。ちょうど冬の終わり頃に道東地方で撮影しました♪
雪が溶けるとヒグマも目覚めて、森の雰囲気もガラリと変わりそうですね。

今晩は

セピア色の世界ですね。
でも、光が何となく春めいていますね。
雪も若干残っていたりして。
これから春―って感じが出てます。

イングリュシュガーデンさんへ

コメントをありがとうございます。根雪が溶け始める3月中旬に撮影しました。
道東は積雪は少なめですが、急な濃霧が起きやすいので取材も気を使います。
プロフィール

フォトグラファー紘

名前:フォトグラファー紘
フォトエッセイストをしている紘(こう)と申します。雪国の冬の自然、東京の街の風景を主に撮影しています。一昨年の11月に、10年間の冬の取材記録をまとめた『ふゆぼん』を創英社より出版しました。

一瞬が織り成す情景をブログでも伝えていけたらと思いますので、これから宜しくお願い致します。

【主な経歴】
・エッセイ作品『ポケット』で随筆春秋年度賞(平成26年度)

・フォト作品『まっさらな朝』で北アルプス山麓~私の一枚~フォトコンテスト小谷村長賞を受賞(2015年度)


写真(風景・自然) ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
カテゴリ
検索フォーム
冬の写真集
10年間の冬の取材記録をまとめた【ふゆぼん】が、2015年の11月に創英社より発売になりました。雪国で撮影した38枚の写真と当時の取材エピソード、大雪と闘う除雪作業員をテーマにした童話や、野生動物たちの生き様を綴ったアートポエムなど、冬が満載の一冊となっています。   知られざる冬の魅力を感じてみて下さい。
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR