冬源郷

冬源郷
新冬の山行
辿り着くは歓喜のシュプール

斜度はどれぐらいあるんだろう(゜-゜)







風景・自然ランキング
いつも沢山の応援をありがとうございます。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。
若かったらこの斜面にチャレンジしたい所ですね。
切り取りも素晴らしいです。

さゆうさんへ

激励をありがとうございます。足場が悪くて三脚を使えませんでしたが、逆に気合いが入りました。
晴れてはいても、やっぱり稜線の風は不規則ですね。山スキーヤーの体幹の強さを改めて実感します。

No title

ブラボー(^_^)/
好天に恵まれ絶好の登山日よりですね。
澄み切った冷たい無機質な空気の味を思いだしました。
ここはかなり急斜面ですね。
ほとんどが大回転した後のシュプールのようです。
それとスキーでなくスケートボードかも
しれませんね。
登山者の姿・・素敵です。(^_^)/(^_^)/(^_^)/

撮影・・ご苦労されましたね。いい作品ができました!!

のばらさんへ

激励をありがとうございます。山スキーと共に山スケーターも増えているのですね!

一般のゲレンデで技を磨いて、遂に雪山の頂に立ったその思いを想像すると、写真に集中しつつも彼らのシュプールに魅入ってしまいます(^_^)
プロフィール

フォトグラファー紘

名前:フォトグラファー紘
フォトエッセイストをしている紘(こう)と申します。雪国の冬の自然、東京の街の風景を主に撮影しています。一昨年の11月に、10年間の冬の取材記録をまとめた『ふゆぼん』を創英社より出版しました。

一瞬が織り成す情景をブログでも伝えていけたらと思いますので、これから宜しくお願い致します。

【主な経歴】
・エッセイ作品『ポケット』で随筆春秋年度賞(平成26年度)

・フォト作品『まっさらな朝』で北アルプス山麓~私の一枚~フォトコンテスト小谷村長賞を受賞(2015年度)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
カテゴリ
検索フォーム
冬の写真集
冬のフォトエッセイ第2段『ふゆのね』が創英社より発売になりました。今回は「冬の根源」をテーマに、厳冬の最果て探訪や吹雪の先に広がる未知なる情景を119点の写真とショートエッセイで伝えています。 冬の深遠を感じていただけたら嬉しいです。
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR