氷珊瑚 (フォトエッセイ『ふゆのね』表紙紹介)

表紙候補 色薄め1 m
ふゆのね m
夢か現か竜宮か
深山の珊瑚に誘われ
時空を超えるシーラカンスさ


※厳冬2月の美幌峠。マイナス10度の微妙な気温にケアラシ出現は諦めていたけど、夜明けから1時間、凪の湖面に絹糸のような一薄の霧が。
僅か数分の瞬寒美。崖に輝く氷花の姿は海底珊瑚の幽興でした。








風景・自然ランキング
いつも沢山の応援をありがとうございます。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

もう~いくつねると~ふゆのねよ~♪^^
今週末には本屋さんから連絡が入ると思います。
厳寒期の美幌峠の風景だったのですね。
さぞかし厳しい撮影だったことでしょう。
ページをめくるごとにどんな風景があらわれるのか・・・
期待が膨らんでまいりました。
出版のご成功をお祈りしています。~ー~

のばらさんへ

温かい激励をありがとうございます!すっかりお待たせしてしまって申し訳ないです。
少しずつ流通も増していますので、もうしばらくお待ち下さい(>_<)

夜明けの撮影に美幌峠と摩周湖どちらに行くか迷いましたが、冬の神様が情熱の景色を見せてくれました(^-^)
プロフィール

フォトグラファー紘

名前:フォトグラファー紘
フォトエッセイストをしている紘(こう)と申します。雪国の冬の自然、東京の街の風景を主に撮影しています。一昨年の11月に、10年間の冬の取材記録をまとめた『ふゆぼん』を創英社より出版しました。

一瞬が織り成す情景をブログでも伝えていけたらと思いますので、これから宜しくお願い致します。

【主な経歴】
・エッセイ作品『ポケット』で随筆春秋年度賞(平成26年度)

・フォト作品『まっさらな朝』で北アルプス山麓~私の一枚~フォトコンテスト小谷村長賞を受賞(2015年度)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
カテゴリ
検索フォーム
冬の写真集
冬のフォトエッセイ第2段『ふゆのね』が創英社より発売になりました。今回は「冬の根源」をテーマに、厳冬の最果て探訪や吹雪の先に広がる未知なる情景を119点の写真とショートエッセイで伝えています。 冬の深遠を感じていただけたら嬉しいです。
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR