孤影

心の駅
ふと思い出す
夢笛の旅情

心の最果て
風の駅






コメントの投稿

非公開コメント

No title

感じるお写真ですね。それに、こんな雪の寒い夜に撮られるとは、南国育ちで寒いのが大の苦手な私には到底マネできません。撮影に対する情熱には、頭が下がります。

No title

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

今まさに自分がこの場にいて、乗客になった気分にさせてくれる
いい情景です。

羨ましいです。



kareraさんへ

激励のコメントをありがとうございます。寒い時期は心身のバランスがしっくり来て集中力も高まってくれるので、自分でも不思議に思います。逆に暑さに弱いので、エメラルドグリーンの南国の海は一つの憧れとなっています。

ビリーさんさんへ

明けましておめでとうございます。こちらこそ宜しくお願い致します。励ましのコメント、感謝致します。

何年か前に真冬の竜飛岬へ行った帰りに撮影しました。断続的な強風が一時収まると、澄みわたる空気が幻想的な光を奏でてくれました。

No title

~風の駅~
ロマンあふれるフレーズに心が震えました。
私の父は私が子供の頃に他界したので
母は女手一つで私達子供3人を育ててくれました。
愛情深い芯の強い女性でした。
私は毎晩働きに行っている母を迎えに
駅まで行くのが日課でした。
雪の降る中、降りたってくる母の姿をみつけると
子供心に安堵したものでした。
そんな遠い昔の夜を思いださせてくれる一枚でした。


のばらさんへ

貴重なお話を伺えて光栄です。ありがとうございます。

風向きや雪質が日々変化する厳しい環境の中で走り続ける列車と、そこに生きる人々の強い意志と優しさが街の歴史を作ってきたのだと、改めてそう感じます。
駅の待合室でお母様とのばらさんが静かに雪を払う姿を思うと、感慨が湧き上がりました。
プロフィール

フォトグラファー紘

名前:フォトグラファー紘
フォトエッセイストをしている紘(こう)と申します。雪国の冬の自然、東京の街の風景を主に撮影しています。一昨年の11月に、10年間の冬の取材記録をまとめた『ふゆぼん』を創英社より出版しました。

一瞬が織り成す情景をブログでも伝えていけたらと思いますので、これから宜しくお願い致します。

【主な経歴】
・エッセイ作品『ポケット』で随筆春秋年度賞(平成26年度)

・フォト作品『まっさらな朝』で北アルプス山麓~私の一枚~フォトコンテスト小谷村長賞を受賞(2015年度)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
カテゴリ
検索フォーム
冬の写真集
冬のフォトエッセイ第2段『ふゆのね』が創英社より発売になりました。今回は「冬の根源」をテーマに、厳冬の最果て探訪や吹雪の先に広がる未知なる情景を119点の写真とショートエッセイで伝えています。 冬の深遠を感じていただけたら嬉しいです。
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR