FC2ブログ

氷古学者♪

好奇心
何が見える?
太古が見える!?(^^)






コメントの投稿

非公開コメント

太古の氷

おはようございます♪
何かの本で読んだのですが、
南極の氷を調査のためにボーリングした際、
太古の氷でオン・ザ・ロックすると
古代の、氷に閉じ込められた空気がパチパチと甦る・・・
なんとも浪漫ですね~(≧▽≦)
ただし・・・
ミョーなウィルス、復活させちゃったら困るけども。
(そんなスリラー小説、ありましたっけ)

はじけ猫さんへ

コメントをありがとうございます。氷の世界と言うのはやはり未知な部分が多いですね。時空を繋ぐ何かがあるのでしょうかね♪

この冬は結氷している湖や滝も多く、氷が奏でる真正なサウンドが心の奥まで響くかのようです。
そんな中でも雪原のカラスはゆったりと何処までもマイペースでした(^_^)

No title

素敵な光景を捉えましたね。
「氷古学者」とみた所は流石です。
黒いガウンをまとって何かを見つけた
考古博士にみえました。
写真家も学者も人知れず努力を
重ねているんですね。
~~素晴らしい~~

のばらさんへ

激励をありがとうございます。湖面の中央部まで飛んできていて、カラス特有の好奇心を感じました。湖畔からかなりの距離でしたが、鮮明に写ってくれてホッとしました(^_^)
プロフィール

フォトグラファー紘

名前:フォトグラファー紘
フォトエッセイストをしている紘(こう)と申します。雪国の冬の自然、東京の街の風景を主に撮影しています。一昨年の11月に、10年間の冬の取材記録をまとめた『ふゆぼん』を創英社より出版しました。

一瞬が織り成す情景をブログでも伝えていけたらと思いますので、これから宜しくお願い致します。

【主な経歴】
・エッセイ作品『ポケット』で随筆春秋年度賞(平成26年度)

・フォト作品『まっさらな朝』で北アルプス山麓~私の一枚~フォトコンテスト小谷村長賞を受賞(2015年度)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
カテゴリ
検索フォーム
冬の写真集
冬のフォトエッセイ第2段『ふゆのね』が創英社より発売になりました。今回は「冬の根源」をテーマに、厳冬の最果て探訪や吹雪の先に広がる未知なる情景を119点の写真とショートエッセイで伝えています。 冬の深遠を感じていただけたら嬉しいです。
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR