FC2ブログ

写真展示のご挨拶

20191017120254a54.jpg

201910171156565cf.jpg

いつも沢山の応援をありがとうございます。
現在、JR中央線の武蔵境駅北口にある複合施設『QuOLa』さんで、写真展を開催しています。今回は新作フォトエッセイ『想東京』の中から厳選した5枚を、初めてパネルで展示致しました。

武蔵野の大地に根差した清しき空気と自然光。そんな素敵な空間の中で市民の皆様に写真を見ていただける事、大変光栄な思いです。入口を入ってすぐのエレベーターホールで11月下旬まで展示していますので、お近くにお越しの際はゆるりと気軽に見ていただけたら嬉しいです。
なお10月中は『QuOLa』さんの大型ビジョンでも写真のスライド映像が流れていまして、特に20日の日曜日は一時間に20回というヘビーローテで流していただける事になりました。こちらもタイミング合いましたらご覧になってみて下さい。
また、向かい側のショーケースではアートプロジェクト『吉祥恬如』さんの壮麗な展示も楽しめます。こちらも是非ご堪能下さい。

作品をご覧になられる方の心に一筋の活力の輝をお届けしていく、芸術が担えるその使命をこれからも全うしていきたいと思います。今後ともご指導を宜しくお願い致します。



コメントの投稿

非公開コメント

No title

「写真展」
11月下旬までとお聞きし歓声をあげました。というのは
その頃までには私の全ての予定が終っていたのです。
見てきますね!実物の作品を・・。ーー:← 嬉し涙です。(笑)
展覧会場は独特の雰囲気があって
作品は内在してしているすべてがリアルに再現され
見る人に訴えかけてきます。不思議ですよね。
嬉しいです。
( `ー´)ノ ~お知らせをありがとうございました。~ ( `ー´)ノ


のばらさんへ

ありがとうございます!ふゆのねの時は写真展が出来なかったので、今回作品を生で見ていただける事、大変嬉しいです!
表紙の写真は大きめのA2サイズで作っています(^_^)

武蔵野の風土に根差したアットホームな空間なので、ハクチョウの写真は是非入れたいな~と思いました(^_^)
多忙のお疲れを少しでも癒していただけたらと願っております!

No title

写真展・・行ってまいりました。
やっぱり「生の作品」はいいですね。
いつまでも見ていたくて去りがたかったです。
気負わず淡々とされど想いの深い作品ばかりでした。

台場の作品はスマホをもっていたのですね。
赤ちゃんを抱いているようにもみえました。
オレンジに染まるシルエットがすばらしかったです。

東京タワー。
遠くから見ているロマンチックな姿と違い
正に東京を支える大動脈のような圧巻の一枚でした。

白鳥の写真、、
何の警戒心もなくスーット近寄っているみたいでした。
見ている人は時々エサをあげているのでしょうね。
少し微笑んでいるようにもみえました。
大都会の片隅にある安らぎと優しさに満ちた景色に
とても癒されました。

京浜運河。
微妙な色彩に揺れる水面が美しく
本ではあそこまでは解りませんでした。

葛西臨海公園。
私はまだ行ったことはありませんが
見る人の心を映し出す作品のように思いました。
写真の持つ力とでもいいうのでしょうか。
秀逸の一枚でした。

帰宅後、写真集を改めて開きました。
厳選されたと伺っていましたが
コナーに並んだ一枚一枚が
それぞれにメッセージを放っていました。
どの作品も素晴らしかったです。

今、音楽会を聴いた後の余韻と同じような
感動を覚えています。
益々のご活躍を期待し応援いたしております。
拙い感想でお許しください。
ありがとうございました。

のばらさんへ

お忙しい中、見に行って下さってありがとうございます。温かいレビューに深く感謝を申し上げます。
都会の多様性を伝えるべくバラエティー重視で写真セレクトしましたが、結果的に湾岸のフォトが多くなりました。風と共に移りゆく水面を情動の変遷になぞらえたような、無意識にそんな世界観を伝えたかったのかもしれません。

そうなんです!表紙の一枚はスマホを持っている、ちょっとシニカルな写真なんです(^^)そういうミクロ的な物語性まで視野に入れて画作りできるのは都会取材ならではの楽しさだと改めて感じています。
ちなみに一番最初にセレクトしたのは白鳥の写真で、雪国への敬意という点からもどうしても展示したい一枚でした。
葛西臨海公園は都内有数の野鳥の楽園で、特に冬場は写真家の方を沢山見かけます。今回展示した写真は西日に照らされた夕暮れの干潟で撮影しました(^_^)

チャンスがあれば雪国の最果て写真展も開いてみたいと、そんなワクワクも広がっています。写真の持つ魅力を幅広い形で伝えていけるよう、これからも一歩ずつ頑張ります。
温かい励ましとご支援、本当にありがとうございます!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

匿名さんへ

温かいエールをありがとうございます。スカイブルーと白銀とのコラボレーション、どんな展示空間になるだろうと心が躍動します。一つ一つの巡りに感謝しながら、新たな目標に向けて頑張っていこうと思います!
プロフィール

フォトグラファー紘

名前:フォトグラファー紘
フォトエッセイストをしている紘(こう)と申します。雪国の冬の自然、東京の街の風景を主に撮影しています。一昨年の11月に、10年間の冬の取材記録をまとめた『ふゆぼん』を創英社より出版しました。

一瞬が織り成す情景をブログでも伝えていけたらと思いますので、これから宜しくお願い致します。

【主な経歴】
・エッセイ作品『ポケット』で随筆春秋年度賞(平成26年度)

・フォト作品『まっさらな朝』で北アルプス山麓~私の一枚~フォトコンテスト小谷村長賞を受賞(2015年度)

・心象フォトエッセイ『「想」東京 』 2019年10月発売予定

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
カテゴリ
検索フォーム
心象フォトエッセイ
「誰の心にも在る都会。疲れた時に開きたい、東京こころフォト」 第3段のフォトエッセイは都会の心象風景がテーマになりました。光と影の瞬なる機微、その先に拡がる七彩の物語を堪能していただけたら嬉しいです。
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR