FC2ブログ

無題

無題

無題
カムイの風格。







コメントの投稿

非公開コメント

No title

カムイ・・北の大地の神々。
アイヌ文化や言語は美しいですね。
アイヌ民族として日本国の中に制定されたことは
素晴らしいです。
私が子供の頃はまだ差別的にみられていました。
北海道の大自然が破壊されなかったのは
差別を受けながらも彼らが居住していたからでしょうね。




管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

のばらさんへ

コメントをありがとうございます。北海道の野生動物は本当に街との距離感が近いですね。流氷や結氷の時期には特にそう感じます。
孤高で居ながらも人間の営みを見守ってくれているような、そんな懐の深さはアイヌの方々が築かれてきた歴史の体現なのかもしれないですね。

匿名さんへ

お心遣い下さって大変恐縮です。ありがとうございます。新型肺炎が予想外に拡がってますし、遠距離の移動は出来る限り避けた方が良いと私も思います。

是非またの機会に見ていただけるよう、これからも表現力を益々磨いていきたいです。温かいお心遣いに改めて感謝を申し上げます。

プロフィール

フォトグラファー紘

名前:フォトグラファー紘
フォトエッセイストをしている紘(こう)と申します。雪国の冬の自然、東京の街の風景を主に撮影しています。一昨年の11月に、10年間の冬の取材記録をまとめた『ふゆぼん』を創英社より出版しました。

一瞬が織り成す情景をブログでも伝えていけたらと思いますので、これから宜しくお願い致します。

【主な経歴】
・エッセイ作品『ポケット』で随筆春秋年度賞(平成26年度)

・フォト作品『まっさらな朝』で北アルプス山麓~私の一枚~フォトコンテスト小谷村長賞を受賞(2015年度)

・心象フォトエッセイ『「想」東京 』 2019年10月発売予定

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
カテゴリ
検索フォーム
心象フォトエッセイ
「誰の心にも在る都会。疲れた時に開きたい、東京こころフォト」 第3段のフォトエッセイは都会の心象風景がテーマになりました。光と影の瞬なる機微、その先に拡がる七彩の物語を堪能していただけたら嬉しいです。
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR