FC2ブログ

無題

無題
blue~ 翔~ time~!






※南青山のギャラリー『NADAR』さんの作品展に出展していた単作品が展示を終えて戻ってきました。
残念ながら在廊は出来ませんでしたが、1作目のフォトエッセイに掲載した、自分にとっても思い入れのある写真に素敵な額装をしていただいて、沢山のメッセージカードも皆様が書いて下さって感謝の気持ちで一杯です。ありがとうございます!

20200314213112774.jpg

20200314213114d85.jpg

CIMG0206 mm (1) m

フォトエッセイ3部作


コメントの投稿

非公開コメント

No title

海の上をのびのびと飛ぶ海鳥。
地上では世界中で「コロナ」 の脅威に
さらされています。 
一日もはやく身も心も軽やかになりたいです。

  にや~ん・・吹雪の中で最上川の撮影をしていたら
         か細い鳴き声が。
      取材には大抵一人で出かけるので
       似た者同士の感じが侘しくもあり
           嬉しくもあった。


「ふゆぼん」の中で一番好きな作品でした。
キャプションも素晴らしかったです。
たしかお葉書にもそのように書いて出した覚えがあります。
そのあと、カラーコピーをして額に入れ飾ってあります。
これは心に沁みましたよ~~とっても・・。
ギャラリーで拝見したかったですね。
また機会がきたらぜひぜひ展示をしてくださいね。
お願いだニャー(笑)

   

のばらさんへ

温かいコメントをありがとうございます。額にも入れて下さって、こんなに光栄な事はありません。
今回は2Lサイズ1枚の出展だっので、自分でも思い入れの深い雪猫フォトをセレクトしました。ふゆぼん出版から4年ぶりに写真がリバイバルして感慨深い気持ちです。いつか是非のばらさんにも、あの作品を間近で見ていただけたら嬉しいです(^_^)
ここ半年で様々なギャラリーで展示を経験できて、ありがたい気持ちで一杯です。QuOLaでの冬フォト展示も3月下旬まで延長していただきまして、地元の方に少しでも元気な気持ちになっていただけたらと、ひとえにその思いです。

ウィルス騒ぎで混沌とした状況でも、自然界は着々と季節が進んでいますね。ハクチョウの北帰も今年は早いようで、中継地のウトナイ湖や風蓮湖の情景を日々思い浮かべています。
依然として外出も躊躇われる状況が続いていますが、家でも出来るストレッチや緑茶によるカテキン補給など免疫を上げる対策を駆使しながら、くれぐれも疲れを溜めないよう無理のないように過ごして下さい。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

匿名さんへ

こちらこそ温かいお心遣いをありがとうございます。状況的に遠方取材は難しくなっていますが、身近な自然の移ろいをゆっくり見つめる機会と前向きに捉えて活動を続けていきたいです。
プロフィール

フォトグラファー紘

名前:フォトグラファー紘
フォトエッセイストをしている紘(こう)と申します。雪国の冬の自然、東京の街の風景を主に撮影しています。一昨年の11月に、10年間の冬の取材記録をまとめた『ふゆぼん』を創英社より出版しました。

一瞬が織り成す情景をブログでも伝えていけたらと思いますので、これから宜しくお願い致します。

【主な経歴】
・エッセイ作品『ポケット』で随筆春秋年度賞(平成26年度)

・フォト作品『まっさらな朝』で北アルプス山麓~私の一枚~フォトコンテスト小谷村長賞を受賞(2015年度)

・心象フォトエッセイ『「想」東京 』 2019年10月発売予定

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
カテゴリ
検索フォーム
心象フォトエッセイ
「誰の心にも在る都会。疲れた時に開きたい、東京こころフォト」 第3段のフォトエッセイは都会の心象風景がテーマになりました。光と影の瞬なる機微、その先に拡がる七彩の物語を堪能していただけたら嬉しいです。
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR